「博士の愛した数式」 小川 洋子

次の日から「素数が・・・」などと言いたくなります。
映画化されています。

  • 感想と解説
    • 記憶をなくしてしまう年老いた数学博士と家政婦さんのお話し。
      数学を基準に人とのコミュニケーションをとる博士。
      純粋で素敵なんです。

      読んだ後に映画を見たのですが良かったです。

Tag: 小説 groupm

戻る